薄毛に悩む女性へ告ぐ|自慢の髪の毛になる技術

男の人と女の人

専門病院で薄毛治療できる

メンズ

薄毛治療の病院であれば、人工毛の移植以外に自毛植毛を選択できます。自毛植毛の手術ではメスを使うことが一般的ですが、大阪の病院ならばメスを使うことなく手術ができます。電動機器を使った自毛植毛の手術を大阪で行うには、特別な医療設備があることが条件となります。

Read More..

薄毛の進行を止められる

男の人

治療薬としてプロペシアの処方を行っているのが大阪のAGAクリニックです。プロペシアは世界初の飲む発毛剤で、世界的に使用されている医薬品です。男性ホルモンと還元酵素が結合して発生するDHTの生成を阻害できるので、プロペシアを飲むことでAGAの進行を止めることが可能です。

Read More..

安全に髪を増やす

鏡を見る女の人

女性の発毛には、医療機関を利用すると効率的です。体質に合わない発毛剤は、腫れやかぶれの症状が現れるため注意が必要です。医療機関では、豊富な知識を持った医師が治療を行うので、安全に効果を得られる利点があります。

Read More..

髪の為に気をつける事

婦人

頭皮に栄養を送る為に

若い女性は薄毛にならないと思われがちですが、年齢に関係なく、誰でも薄毛になる可能性はあります。髪の毛はたんぱく質で出来ていて、このたんぱく質は複数のアミノ酸から構成されています。そのため、髪の毛と直接つながっている頭皮に栄養を送ってあげる事が必要不可欠なのです。栄養は血液と共に運ばれていきます。健康な髪のためには、血液を頭皮に流す事が大切です。最近多いと言われているのが、冷え性の女性による薄毛です。特に冬でもミニスカートをはいている人は、寒さから体を守ろうとして筋肉より脂肪がつきやすくなります。頭から足まで、全身に血液を流すためには筋肉が必要です。この筋肉の量が減ってくると、頭皮に栄養がうまくいかず、若い女性でも薄毛を引き起こしてしまいます。これらを改善するには、適度な運動、肉や魚などのたんぱく質が含まれた食べ物をバランスよく食べることが大切です。

洗いすぎに注意

ノンシリコンシャンプーやオーガニックシャンプーなど、髪に優しいシャンプーが近年、盛んに売られています。しかし、いくら髪の毛に優しいシャンプーだからといって、過度に使用するとかえって薄毛を引き起こす原因になってしまいます。本来、髪の毛の汚れはぬるま湯で7割は落ちると言われています。そのため、毎日欠かさずシャンプーをするより、一日おきにシャンプーをした方が髪にも頭皮にも良いのです。毎日しっかり洗っていると、髪に必要な油分まで洗い流してしまい、頭皮が「もっと油分を出さないと」と命令を出し、頭皮にべたつきを起こしてしまいます。頭皮がべたべたしてしまうと、菌が繁殖しやすくなるだけではなく、薄毛や抜け毛の原因になってしまいます。特に女性ホルモンが少なくなってくる40代、50代の女性は洗いすぎないように気をつける必要があります。